メニュー

ワークライフバランス委員会とは

 平成28年8月、京都府医師会に新たな常任委員会『医師のワークライフバランス委員会』が発足いたしました。
 『医師のワークライフバランス委員会』は、平成22年から27年まで京都府医師会勤務医部会幹事会の下部組織として活動してきました『女性医師ワーキンググループ』が、今後は女性医師のみならず、男性医師や管理者等も含めて様々な視点や角度から、男女共同参画の考えに基づいた医師全体のワークライフバランスについて幅広く議論を行うことを目指して発展したものです。医師のワークライフバランスの改善に役立つ新たな事業を展開すべく、議論を進めて参ります。

メンバー

  • 京都大学医学部附属病院 病理部 南口早智子
  • 綾部市立病院 名誉院長 鴻巣寛
  • 京都第二赤十字病院 産婦人科 衛藤美穂
  • 京都市立病院 放射線科 森澤信子
  • 日本バプテスト病院 外科 大越香江
  • 京都桂病院 院長 若園吉裕
  • 辻小児科内科医院 院長 辻幸子
  • 医仁会武田総合病院 糖尿病センター 中前恵一郎
  • 京都大学医学部附属病院 医療安全管理部 松村由美
  • 京都府立医科大学大学院 小児科学 医療課担当者 家原知子
  • (順不同)

・ほか、オブザーバーとして京都府『医療課担当者』、若手医師も委員会に参加

今までの取り組み

■子育て支援事業

■講習会などの企画運営(医学生・研修医をサポートする会、女性医師の勤務環境の整備に関する病院長・病院開設者・管理者等への講習会など)

■府内の病院への医師勤務環境調査

など

アンケート実施結果

  • 京都府下の病院に対し、子育て支援等に関する取り組み状況について定期的にアンケート調査を行っております。実施年別に統計結果を閲覧いただけます。
  • 平成28年度アンケート実施結果

報告、セミナー・イベント情報

  • 開催終了 第44回京都医学会
  • 報告 第14回男女共同参画フォーラムin高知に参加しました